B

Early collection

日本編集の初期ローラーズのコンピレーションアルバム。初代ボーカリスト、ノビー・クラークが歌う曲が聴けるのはこのアルバムだけです。彼の声はレスリーとは違う魅力があります。

以下のアルバムに収録されていないレスリー時代の名曲も収録されており、とっても楽しめる一枚。

2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

C

Rollin'

スピード感があり、思わずはハモリたくなる「ベイ・シティ・ローラーズのテーマ」、SATURDAY Night!の掛け声がお馴染みの「サタデーナイト」を収録。

ベスト盤でおなじみとなっている名曲はいくつか収録されているものの、プロデューサーが彼らの魅力を活かしていない曲があり、全体的にもうひとつです。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

S

Once upon a star

極甘ポップ「バイバイ・ベイビー」、「エンジェル・ベイビー」、「ひとりぼっちの十代」を収録。

マンドリンなど音数も増え、曲のバリエーションが広がり、とっても楽しめます。メンバーが作曲した名曲のクオリティーの高さには驚かされます。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット(変形ジャケットを完全再現)。

S

Would'nt you like it?

全曲をメンバーが作曲した作品(再録の「サタデーナイト」を除く)。

バリバリのロックンロール「若さでロックン・ロール」、せつなさを感じる美しいバラード「恋のシャンハイ」、ちょっとイカレタ感じのある「二人でいつまでも」などバラエティ溢れ、捨て曲がありません。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

A

Dedication

これまでの若々しい勢いに、「大人らしさ」も加味して、奥行きが深まった作品。

ノリノリのロック曲、「ロックン・ローラー」、「イエスタデイズ・ヒーロー」、「ロックンロール・ラブレター」でハートを熱くし、壮大なオーケストラをフィーチャーしたバラード「青春に捧げるメロディー」で感動する傑作です。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

B

It's a game

大人らしさを強調し、センチメンタルな曲が多いです。ほぼ全曲に加えられたオーケストラ・サウンドが音に厚みを出し、バラードの美しさは絶品です。

しかし、その一方で彼らの魅力だったノリのよさが消えてしまいました。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

C

Stranger in the wind

前作よりさらにコテコテにオーケストラやコーラスのアレンジが加えられています。

ロックンロール的なノリはないです。曲自体は悪くはなく、大人向けの落ち着いた味わいはありますが、私がBCRに求めるサウンドではないです。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

A

Rollerworld: Live at the Budokan 1977

「恋のゲーム」発売後の武道館でのライブを収録。

4人だけでの演奏で音に厚みはないものの、エネルギーに満ちあふれています。日本女子ローラーマニアも合唱で活躍し、特に「ハートで歌おう」では彼女らのひたむきさに胸が熱くなります。

「実は演奏できないのでは?」という疑惑を一掃する傑作です。

?

Elevator

リードボーカルがダンカン・フォールに変わり、バンド名もザ・ローラーズにし、サウンドもハードになって再出発を図った作品。

聴いたことありません。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

?

Voxx

ザ・ローラーズ第二弾。当時、日本とドイツだけでしか発売されなかった一枚。エレベーターのアウトテイク集みたいなもの。

聴いたことありません。

日本盤は2008年24ビットデジタルリマスター&紙ジャケット。

?

Ricochet

ザ・ローラーズ第三弾。

聴いたことありません。

その他、数多くのベスト盤が発売されていますが、省略します。

?

B.C.R. video hits

ビデオ・クリップ集。25分間しか収録されていません。見たことありませんが、元ローラーマニアにはたまらないでしょうね・・・。







Copyright shig-sak