D

Unfinished Music No. 1: Two virgins

1966年11月にヨーコ・オノに出会って交際開始。

ビートルズのホワイト・アルバムのレコーディング開始直前の1968年5月19日の夜に、妻が旅行中に自宅にヨーコを招き入れて録音したもの。

妻との離婚成立後の11月に衝撃的なジャケットで発売されました。

音楽というより「音」。凡人には全く理解できない世界です。

「ジョンの作品なら何でも持っておかないと気がすまない」信者向け。

D

Unfinished Music No. 2: Life with the lions

LPでのA面には1969年3月2日のケンブリッジ大学でのライヴを、B面には1968年11月にロンドンのクイーン・シャーロット病院の病室で録音された「曲」を収録。

前衛的作品で、音楽というより「音」。胎児の心音を収録するなど、凡人には全く理解できない世界です。

ジョンの信者向け。

D

Wedding album

1969年2月から始まった「アビー・ロード」のレコーディング途中、3月20日にジブラルタルでヨーコと挙式。

LPでのA面は、互いに名前を20分以上言い合っているだけ。

B面は、3月25〜31日にオランダのアムステルダムのヒルトンホテルで実施された「ベッド・イン」時のインタビューや会話を収録したもの。

ジョンの信者向け。

B

Live Peace in Toronto 1969

「アビー・ロード」のレコーディングが終わった後の1969年9月にプラスティック・オノ・バンドを結成。

9月13日にカナダのトロントで行われたロックン・ロール・リヴァイヴァル・ショーを収録したもの。エリック・クラプトンがギターを、ドラムを後にイエスのメンバーになるアラン・ホワイトが奏でています。

オールディーズ曲、ビートルズ曲、ソロ時代曲を楽しみながら演奏しているのがわかります。

後半はヨーコが歌うDon't Worry Kyokoとヨーコがアーとかリャーとか延々と12分叫ぶJohn, Johnを収録。聴きとおすにはかなりの忍耐力が要求されます。

カナダから帰国後の9月20日にビートルズのメンバーに脱退を宣言しました。


(SACD)

S

John Lennon/ Plastic ono band

1970年初頭に、アメリカの心理学者ヤノフが出した本「Primal Scream」を読んで関心を持ったジョンとヨーコはヤノフに会い原始療法(精神病の治療方法のひとつ。精神の奥深くに抑制された幼少期の心の痛みを、呼び起こして認識するというもの)を受けました。

その治療を受けた直後ということもあり、ジョンの心の底からの叫びが収録され、聴き手の心を揺さぶる感動の一作になっています。

「マザー」、「孤独」、「思い出すんだ」などずっしり心に響く曲ばかり。「ゴッド」では「ビートルズなんか信じない!」という歌詞まで飛び出します。気軽に聴けるアルバムではありません。ジョンが多くの悲しみを背負っていた人物だということがよくわかります。

ビリー・プレストンとフィル・スペクターがピアノを弾いた2曲以外、ジョン(ギター、ピアノなど)、リンゴ・スター(ドラム)、クラウス・フォアマン(ベース)の3人で演奏しています。そのシンプルさがジョンの声を際立たせ、感情がビンビンに伝わってきます。

2010年デジタルリマスター。


(Blu-ray audio)


(SACD)

S

Imagine

ポールの「マッカートニー」、ジョージの「オール・シング・マスト・パス」に比べて「ジョンの魂」の売り上げがイマイチだったことにショックを受け、「売れるアルバムを作る」という気合をこめて作った作品。

前作の重苦しさが軽減され、気楽に聴ける曲が多く収録されています。

名作「イマジン」、ピアノの音が印象的なバラード「ジェラス・ガイ」、ジョン史上最良のバラード「オー・マイ・ラヴ」収録。
ポールを皮肉った「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」は波紋を呼びました。

前作のシンプルさと異なり、「これぞフィル・スペクターのプロデュース」と言わんばかりにアレンジが重厚です。

2010年デジタルリマスター。

96kHz/24bit音源を収録したBlu-rayオーディオも発売(2010年リマスター音源を使用)。


(SACD)

C

Some time in New York City

1971年8月にニューヨークに引っ越し。反体制派と交流を深めました。

LPは2枚組で発売され、1枚目のスタジオ録音には女性解放、刑務所での暴動、北アイルランド問題など社会的・政治的問題を題材にしています。ジョンのボーカルだけでなく、ヨーコのソロ、ジョンとヨーコのデュエットも収録。荒々しく、前作の柔らかさとは大違いです。

バックで演奏しているのは、ニューヨークの無名バンド、エレファンツ・メモリー。

2枚目は「おまけ」扱いのライブ盤。LPでのA面には1969年12月15日にロンドンで開催されたユニセフのチャリティーコンサートの音源を収録。エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、キース・ムーンらが演奏しています。ジョンが歌うCold Turkeyはよいですが、ヨーコがジャムセッション的演奏をバックに16分間歌う(叫ぶ?)Don't Worry Kyokoは聴くのがしんどいです。B面は1971年6月6日のフランク・ザッパ&マザース・オブ・インベンションとの共演を収録。ジョンが歌うWellは許せるものの、ラストでヨーコが叫ぶAuは音楽とは言い難く聴きとおすのに辛抱が必要です。

2010年デジタルリマスター。

B

Live in New York City

1972年8月30日に、精神障害児を支援するために開かれた慈善コンサートでの演奏を収録したもの。

ジョンのボーカルとサックスのからむ曲が多く、渋さ&カッコよさを感じます。

ロックな曲だけでなく、MotherやImagineといったじっくりと聞かせる曲も収録されていてコントラストがついています。

コンサートではヨーコのボーカル曲や「叫び曲」が演奏されましたが、カットされているのは幸い。


(SACD)

B

Mind games

1973年4月1日、ヨーコと一緒に記者会見を開き、架空の国家「ヌートピア」の建国を宣言。

仕事として音楽づくりをしていることに違和感を覚えて、曲を書く意欲がなかなか出ないなか、「どげんかせんといかん」という気持ちだけでスタジオに入ってレコーディングされたアルバム。

タイトル曲「マインド・ゲームス」はスライド・ギターが爽快な曲で、ジョンの気合を感じるボーカルが聴けます。

あとの曲はさほど印象に残るものではないものの、ニューヨークの凄腕ミュージシャンが演奏していることで、小粒ながらピリリと辛い仕上がりになっているのは救い。

このアルバムのレコーディング開始中にジョンはヨーコと離別を決め、18カ月間におよぶ別居生活に入りました(のちに「失われた週末」と呼ばれる)。

2010年デジタルリマスター。


(SACD)

A

Wall and bridge

ジョンが「カム・トゥゲザー」でチャック・ベリーの曲のメロディーを無断借用したことに対し、音楽出版会社のモーリス・レヴィが損害賠償を訴えた結果、裁判に持ち込まない条件としてジョンは次回作でモーリスの会社が管理するオールディーズを3曲収録することに合意。

1973年の暮れにオールディーズのアルバムの製作に入るものの、プロデューサーのフィル・スペクターが録音テープを持って失踪。待てど暮らせど彼が戻ってこないので、やむなく新曲の作成を開始しました。

当時、飲んだくれてすさんだ生活をしていたにもかかわらず、創造力が高く素晴らしい曲ができていきました。

エルトン・ジョンと共作の「真夜中をぶっとばせ」はサックスがカッコいい、ノリノリのロック曲。その他、ホーンセクションを活かした曲が多く収録されています。充実していて聴きごたえがあります。

モーリス対策として、1曲だけおちゃらけ風にオールディーズを収録。これだけでモーリスが納得するはずはなく、遺恨は次回作に持ち込まれます。

2010年デジタルリマスター。


(SACD)

C

Rock'n roll

交渉の末、オールディーズのアルバムを作成してモーリスが経営するテレビ通販会社で発売することで決着。

以前フィル・スペクターと一緒にレコーディングした曲で使いものになるのが4曲しかなかったために、「心の壁、愛の橋」でのメンバーに協力を頼んで追加レコーディングしました。

モーリスにはラフ・ミックスを渡してテレビ通販会社から発売させる一方で、キャピトル・レコードから仕上げバージョンを発売してモーリスに対抗しました。

シングルカットされた「スタンド・バイ・ミー」は切実な訴えが心に響く名曲。ベン・E・キングのオリジナルバージョンの影がかすむほど。

ロックンロール好きなジョンがレコーディングを楽しんでいることはわかりますが、一本調子のために、途中で聴き飽きてしまいます。

同年10月9日にヨーコとの間にショーンが誕生。それを機に音楽活動を休止してイクメン生活に入りました。

2010年デジタルリマスター。


(SACD)

A

Double fantasy

専業主夫生活から音楽界に復帰した作品。ジョンとヨーコの曲が交互に収録され、二人のアルバムとなっています。

「スターティング・オーバー」、「ビューティフル・ボーイ」、「ウーマン」など、愛に満ちたほのぼのとした名曲が収録されています。

ヨーコの「キス、キス、キス」は、子供には聴かせられないエッチな曲です。家族の前で聴くときは飛ばしましょう。

このアルバムリリース後の12月8日に、ジョンは射殺されました。

2010年デジタルリマスター。このバージョンは、オリジナルミックスのCDと「ストリップド・ダウン」ミックスと呼ばれる、シンプルな演奏のみにリミックスしたCDの2枚組です。

C  

Milk and honey

1980年12月の死の直前までレコーディングに取り掛かっていたジョンの曲と、1983年にヨーコがレコーディングした曲を交互に収録。

ジョンの曲はデモやラフミックス状態で、粗さがあります。

「ダブル・ファンタジー」と構成が同じですが、前作の出来がよすぎて、こっちは印象に残らないです。

2010年デジタルリマスター。

B

John Lennon anthology

アウトテイク、デモ曲を集めた4枚組。アルバム収録曲と違ったアレンジの曲(かなり完成度が高い)が含まれ、聞き比べると面白いです。

ジョンの大ファン向け。

?

Gimme some truth- The Making of John Lennon's Imagine album

「イマジン」のレコーディング風景などを収録したドキュメンタリー。

見ていません。

?

Imagine

ジョン・レノンとは、いったいどのような人物だったのかを綴る、伝記的ドキュメンタリー。

見ていません。







Copyright shig-sak