C

Styx

プログレ・ハード系のサウンドです。

1曲目は4部構成の13分間の組曲ということになっていますが、まとまりがないのでバラバラの4曲のように感じます。

サウンドは荒削りですが、コーラスは全盛期そのもの。

B

Styx II

1曲目、2曲目はデニスが歌うノリノリのロックとバラードで全盛期を彷彿とさせますが、続く2曲目はジョン・クルリュウスキーが歌うサイケな曲でイメージが一転。

ちょっとガッカリしたところで、後半になりデニスがプログレ風味付けの曲を3連発で歌って溜飲が下がります。

C

The serpent is rising

ジェームズとデニスが歌う冒頭の3曲でノリノリな気分になったところで、ジョンがイマイチのアコースティック曲と意味不明のおちゃらけ曲で雰囲気をぶちこわします。

後半もいい感じできていたのに、ジョンの手による「ほとんど演説」が入ってラストは「ハレルヤ合唱」で終わります。アルバムに統一感と流れがないです。

B

Man of miracles

「ジェームズ・ヤングのためのアルバム」だと言ってもいいくらいに彼が大活躍しています。半数の曲を作り、ノリノリとギターを鳴らし歌いまくっています。

一方、デニスはしっとり感のあるバラードを歌い、アルバム全体でコントラストがついています。

ラストはシンフォニックさもあるヘビーなプログレ風サウンドでジェームズが熱唱して終了。

A

Equinox

セカンドアルバムに収録していた「レディ」をシングル発売したら大ヒットし、メジャーレーベルのA&Mにみそめられて移籍した後の作品。

「レディが売れたのは俺のお陰だよね」ということか、デニスが歌うポップな曲が前半を占めます。

ちょっとだれてきたところでジェームズのノリノリハード曲で目が覚め、デニスのプログレ風ハード曲に入り、ジョンの短いアコギ曲を挟んで、ドラマチックなシンフォニックサウンド曲で終わるという流れは絶妙。

アルバム発表に続くツアーの直前、売れ線ポップ化に向かっているバンドの方向性に違和感を覚え、さらにツアーよりも家族と一緒の時間を過ごしたいと思ったジョンが電撃脱退。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。

A

Crystal ball

ジョンの脱退を受けて後任を必死になって探した結果、「レディー」でのハイトーンのハーモニーができるギタリストということでトミー・ショウに決定。

彼がいきなりの大活躍で、タイトル曲を含め複数の曲でリードボーカルを取り、ギターを弾きまくり、さらにコーラスに厚みを加え存在価値を確立しました。

オープニングはジェームズが気合を入れて熱唱する高速ハードロック曲の「プット・ミー・オン」。トミーとジェームズのツイン・リード・ギターが活かされ、いきなりアクセル全開です。デニスが歌う中間部のゆったりパートのコントラストが曲にメリハリをつけています。

トミーが歌うタイトル曲はアコギ弾き語り風にしんみりと始まり、途中からググッとハードになって盛り上がります。

ラストの「月の夜/バレリーナ」は、プログレっぽいドラマチックなシンフォニック展開になっています。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。

A

The grand illusion

ドラマチックな「大いなる幻影」で幕を開け、「幻影の終わりに」で幕を閉じるコンセプトアルバム仕立てになっています。

これらにサンドイッチされた曲は、ハード・ロックあり、ポップ系ありのてんこ盛り。大ヒットした「永遠の航海」はしんみりと始まり、後半に大盛り上がりする名曲です。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。


(SACD)

A

Pieces of eight

ジェームズが熱唱するハードロック「グレイト・ホワイト・ホープ」でオープニングから圧倒されます。すかさずそれをデニスが歌うポップな「アイム・OK」がフォローするというコントラストが心地よいです。
「ピーシーズ・オブ・エイト」はプログレ風味付けのドラマチックな大作です。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。

B

Cornerstone

冒頭にトミーのポップ曲が入り、路線変更が明確になりました。大ヒットしたバラード「ベイブ」、マンドリンやアコーディオンが懐かしさを感じる「ボート・オン・ザ・リバー」があり、ポップ作品としては逸品ですが、それにコントラストをなすハードな曲がないため、薄味な気がします。

売れ線ポップ化を主張するデニスとロック路線の維持を訴えるトミーとジェームズの意見対立が勃発。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。


(プラチナSHM)


(CD)


(SACD)


(SACD)

A

Paradise theater

シカゴに実在した映画館を題材にしたコンセプトアルバム仕立てです。同じフレーズが繰り返し使われ、アルバムに統一感があります。

オープニングの「1928年」から「ロッキン・パラダイス」への流れは爽快でかっこよいです。デニスが歌い上げるラブソング「ザ・ベスト・オブ・タイムス」は心にしみます。

バンドの主導権を握ろうとするデニスへのトミーの不満はますます募っていきます。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。

2014年にはSACDが発売。日本盤と輸入盤では、使った音源が違います。日本盤はDSD音源のみ収録なので、SACDプレーヤーが必要です。輸入盤はCD音源も収録したハイブリッドになっています。

2014年には反射層にプラチナを使ったプラチナSHMも発売されました(CDプレーヤーで再生可能)。通常のCDより音がよいとのことです。

C

Kilroy was here

「ドモ・アリガト・ミスター・ロボット。ドモ。ドモ」という日本語歌詞が有名な「ミスター・ロボット」で始まる作品。

デニスが発案した、ロックが禁止された近未来で権力者と戦う勇者の姿を描いたロックオペラ仕立てです。デニスが伝説のロックヒーロー、トミーがその信奉者、ジェームズが権力者を演じています。

デニスが一人気を吐く中、トミーとジェームズはヤル気がでなかったのか彼らの曲に魅力があまりなく、全体的に企画倒れの気がします。

日本盤はSHM-CD&紙ジャケ。

B

Caught in the act

1983年4月のアメリカ・ニューオーリンズ公演を収録。

ベスト盤と呼んでよいくらいの選曲になっています。

演奏、コーラスワークは完璧。スタジオアルバムを完全再現しています。

あまり完全再現すぎてライブの荒っぽさがないのが残念。

コンサートでデニスに学芸会的な演出を強いられることに耐えられなくなったトミーはツアー終了後、ソロ活動に走りました。

C

Edge of the century

他バンドの活動で忙しそうなトミーを脇に置いて、ギター&ボーカルにグレン・バートニックを迎えてレコーディングされたもの。

全10曲のうちの半分がグレンの曲です。いきなり1曲目からグレンがリード・ボーカルをとっていて、馴染がない声に違和感を覚えました。

グレンはストレートなロック、デニスはバラード専門みたいな感じで分担しています。

悪くはないですが、あまりにも普通のロックアルバム過ぎて、面白味に欠けます。

C

Brave New World

ベストアルバムに「レディー」の再録音バージョンを収録するために1995年に全盛期メンバーで集まってみたら意外と意気投合して、再結成。

その勢いで1996年からツアーを始めようとしたものの、ドラムのジョンが酒の飲み過ぎでの肝硬変で死去してしまいました。

ジョンの代わりにトッド・ズッカーマンを迎えてツアーを終了させた後に、そのメンバーのままでレコーディングされた作品。

トミーの甘い声が再びスティクスのアルバムで聴けることにほっとします。しかし、バンドとしてのケミストリーは感じられず、各メンバーのソロを収録したというような感じ。

カバーアートをどうするか、アルバムの曲順をどうするかなどでメンバーの意見対立が再燃。

アルバム発売に続くツアーでは、目の不調でツアー延期を訴えたデニスを無視して、トミーがローレンス・ゴーワンを迎えてツアー強行。そのままデニスは脱退扱いになりました。


(DVD audio)

B

Cyclorama

ボーカル&キーボードをローレンスを迎え、さらにエイズのために体調が今一つ芳しくないチャックの補佐役としてグレン・バートニックをベーシストとして迎えてレコーディングした作品。

一曲目は「南無妙法蓮華経」で始まるノリがよくパワフルにトミーが歌う曲、続けてトミーが歌う2曲目もアコギパートとハードなパートのコントラストが見事な曲です。

リードボーカルをトミー、ジェームズ、ローレンス、グレンが手分けしてそれぞれの味を出した曲になっていたり、4人の分厚いコーラスがあったりと聴きどころ満載。新たな境地に達しています。

ラストは「ゲンキ・デス・カ」と日本語づくし。

B

Regeneration

現行のメンバーで過去の作品を再録音したもの。

アレンジは原曲とほぼ同じ。録音が新しいせいかきらびやかに感じます。トッドがドラムを叩いていることでパワフルが増しています。

ローレンスが歌うデニスの曲は全く違和感ないです。

スティクスの歴史からデニスを抹消したいというトミーの意図が感じられます(公式サイトのバンドの歴史コーナーにデニスの記載がないという徹底ぶり)。

A

The Mission

2033年の火星探査をテーマにしたコンセプトアルバム。

一曲目のOvertureはド派手なシンフォニックでハードなインスト作品。それに続くGone Gone Goneはローレンスがシャウトするノリノリなロックで爽快です。続く曲はトミーが歌い、続いてはジェームズ。3大巨頭が元気いっぱいに演奏&ボーカルを楽しんでいます。

緩急、剛柔に富んだサウンドが展開されています。

プログレ的スティクスとして最高峰とも言える大作です。

A

Caught in the act: Live

「ミスター・ロボット」のツアーのライブ映像とプロモ・ビデオを収録したもの。

ライブ映像は、ミニ映画から始まり、デニスがトミーとお芝居しながら「ミスター・ロボット」を歌います。その後は、普通のライブですが、最後の方はお芝居に戻ります。お芝居はイマイチですが、ライブそのものは結構楽しめます。

S

Return to paradise

1996年、地元シカゴで開かれた再結成ライブを収録したもの。

選曲よし、演奏よし、映像よしと文句のつけようがないくらいの出来栄えです。

3人のボーカリストの絶品のハーモニーをライブで再現できるとは超人技です。音の分離がよいので、トミーとジェームズのギタープレイがはっきりと聴き分けられます。


(DVD)


(Blu-ray)


(Blu-ray)

A

One with everything

2006年5にクリーヴランドのコンテンポラリー・ユース・オーケストラと共に行ったライヴ映像。

全員が10代のオーケストラと合唱団との演奏をメンバーがとても楽しんでいる姿に、思わず頬が緩みます。

予想以上にスティクスのサウンドにオケの音がマッチしています。また、合唱団がハーモニーに厚みを加えます。「ミス・アメリカ」の出来は圧巻です。


(2CD+DVD)


(DVD)


(DVD)


(2CD+Blu-ray)


(Blu-ray)


(Blu-ray)

A

Grand Illusion / Pieces of Eight: Live

名盤「グランド・イリュージョン」と「ピーシズ・オブ・エイト」を完全再現した2010年ツアーを収録。

当時のメンバーは、ジェームズ、トミー、チャックが登場(チャックは体調がイマイチなので、出たり引っ込んだり…)。

ボーカル&キーボードのローレンスの存在感があります。後ろ向きでキーボードを弾く姿はカッコ良いです。「しょせんデニスの代役でしょ」と思っていましたが、「後任」に格上げです。







Copyright shig-sak