(Blu-spec CD2)

A

TOTO

同じ高校でバンドを組んでいたことがあるセッション・ミュージシャンたちがボズ・スキャッグスのアルバムで共演したことをきっかけに、「いっちょ俺らのバンド組んでみるか!」と意気投合してTOTOを結成。

スピード感のあるロック、泣かせるバラード、心はずむポップ、ノリノリなレゲエ風などバリエーションに富んだ曲が収録され、セッション・ミュージシャンの器用さがにじみ出ています。

ドラマチックなインスト曲Child's Anthemから軽快なロックI'll Supply the Loveに流れこむところは、鳥肌モノにカッコいいです。

ボビー・キンボール、デヴィッド・ペイチ、スティーヴ・ルカサー、スティーヴ・ポーカロという4人の歌えるメンバーがいて、曲調に合わせた役者の使い分けも楽しめます。

日本盤は2005年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。

?

Live At The Agora Ballroom, Cleveland '79

1979年2月2日のアメリカ、クリーブランドでのコンサートを収録。


(Blu-spec CD2)


(SACD)

A

Hydra

デヴィッドが低めの声で歌うプログレ的な味付けをしたダークなHydra、ボビーがハイトーンで歌うシンフォニックなSt. George and the Dragonで幕を開けるドラマチックな作品です。前作の明るいサウンドは影をひそめ、やや暗めのスリリングなアレンジをした曲が多いです。プログレ好きの私には、たまらないです。

ルークが歌うバラード、99は美しくてうっとりとします(本人はこの曲が嫌いだそうですが)。

日本盤は2001年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。

SACDには高音質の2chサウンドが収録されています(SACDプレーヤーが必要)。

B

Live... Shinjuku, Tokyo, Japan '80

1980年3月12日の新宿の東京厚生年金会館でのコンサートを収録。

レーベルの説明によると公式ライヴとして発売されるために録音され、のちにFMラジオ放送されたものとのことですが、これまでの定説では3/13の渋谷公会堂でのコンサートが公式用に録音されたとなっていました(どっちの説が本当かは気にしません)。

2019年に発売されたボックスセットAll Inに入っているLive in Tokyoと聴き比べると、音のクリアさはTokyoの方が断然上ですが、Live in Japanのは音の分離がよく、そこそこの音質があるので満足感があります。Tokyoには収録されていないHydraやI'll Supply The Loveなども収録されていますので、買う価値はあります。


(Blu-spec CD2)

B

Turn back

シンプルなハード・ロックでまとめた作品です。前作からの変わりようにビックリさせられますが、彼らの器用さゆえの新たなチャレンジだと考えると納得できます。

オープニングのGift with a Golden Gunからアクセル全開。スピードに乗ったまま最後まで駆け抜ける感じです。心にしみるような曲はなく、アルバムに深みはないものの、気分爽快度は満点。

日本盤は2005年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。


(Blu-spec CD2)


(SACD)

B

TOTO IV

「ハイドラ」、「ターン・バック」のセールスが今一つだったために、レコード会社から「売れるアルバムを作ってくれ」というプレッシャーがかかるなかで作られた作品。

「宇宙の騎士」と同様にあらゆるジャンルの曲をアルバムに盛り込みました。

RosannaとAfricaという大ヒット曲が生まれて、アルバムのセールスも伸び、グラミー賞を受賞。

その他、名バラードI Won't Hold You Back、スピード感のあるAfraid of Loveはあるものの、盛り上がりに欠けるつまらない曲もあり、アルバム全体としての完成度はもう一つといった感じ。

これを最後にベースのデヴィッド・ハンゲイトが引越し先で家族と一緒に生活することを選んで脱退。

日本盤は2000年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。

SACDでは高音質5.1chが楽しめますが、音が控えめで元気さに欠ける気がします(SACDプレーヤーが必要)。

 


(Blu-spec CD2)

A

Isolation

このアルバムのレコーディングの途中で、クスリのやり過ぎで声がでなくなったボビーが解雇され、ハード・ロック系の新ボーカリスト、ファギー・フレデリクセンが加入。ベースにはポーカロ3兄弟の次男マイクが加入。

AOR色があった前作から一転し、ハード&ドラマチックなロックが展開されています。

新旧ボーカリストがからみあう軽快ロックStranger in Town、Endlessなど粒ぞろいの名曲が収録されています。

日本盤は2005年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。

D

Dune

映画「砂の惑星」のサントラ盤。

ウィーン交響楽団やウィーンの合唱団と一緒にレコーディング。2分程度の短い曲がほとんどで、TOTOらしいポップな曲は皆無。

TOTOを聴きつくして、「もっと他にないのか?」と飢えを感じるようになったら聴きましょう。


(Blu-spec CD2)

B

Fahrenheit

レコーディング・セッションの段階で、スタジオでのパフォーマンスに問題があるということでファギーが解雇されました。

後任としてコブシの利いた甘い声(この意味は聞けばわかる・・・)が印象的なジョセフ・ウイリアムズが加入しました。

とげとげしさを抑え、ジャズっぽいアレンジを加えた落ち着いた感じの曲が多く収録されています。

かのマイルス・デイヴィスがゲスト参加したラストの曲で渋いトランペットを聴かせてくれます。

このアルバムを最後にスティーヴが映画やテレビ用の作曲活動に専念したいとのことで脱退(しかし、のちのアルバムでもサポートメンバーとしてレコーディングに参加)。

日本盤は2005年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。
2013年には高音質CDのBlu-spec CD2が発売されました。初めて買われる方はこちらがよいでしょう。

S

The seventh one

これまでのアルバムに収録されていたTOTOの魅力を凝縮した名作。

パワフル&ドラマチックなPamela、軽快ポップStop Loving You、スピード感あふれる中盤のロック曲の連発、泣かせるバラード、そしてラストを締めるプログレ風のHome of the Brave。曲よし、アルバム全体の流れもよし。

「このメンツこそTOTOのベストメンバーだ!」と思いきや、ツアー終了後にジョセフがクスリの影響で声がでなくなったために解雇されました。

日本盤は2005年DSDリマスターで、輸入盤より音質がよいです。

D

Past to Present 1977 - 1990

ベストアルバムに新曲を入れるために、ジョセフの後任としてバンドはボビーを復活させようと目論んで新曲をレコーディングをするものの、彼の復活をレコード会社に拒否られてジャン・ミッシェル・バイロンを押し付けられます。

ジャンのボーカル曲が4曲収録されていますが、ナヨっとした声で好感が持てません。TOTOの曲なら何でも聴かないと気が済まないという方以外は、他のベストアルバムを買う方がよいです。

(DVD)

B

Greatest hits live and more

ベストアルバムの発売に伴うツアーでの1990年10月のパリ公演を収録した作品。

タイトルとおり、Rosanna、Africa、Georgy Porgyなど初期のヒット曲満載で、ルークやデヴィッドの元気いっぱいなプレイには顔がほころびます。

ジャンはコンサート前半ではハイトーンのパートをバックコーラス女性に歌われて存在感ゼロ。リードボーカリストというよりバッキング担当者です。ようやく後半になって歌わせてもらえますが、声に迫力がなくてイマイチ。ツアーの終了後、彼はクビになりました。

画質がもう一つなので、21世紀の技術でレストアして再発売して欲しいです。


(DVD)


(CD+DVD)


(CD+DVD)


(Blu-ray)


(CD+Blu-ray)


(CD+Blu-ray)

B

Live At Montreux 1991

1991年のモントルー・ジャズ・フェスティバルでの演奏を収録した作品。

ハイトーン専任ボーカリスト不在の穴を埋めようと、ルークが気合を込めて歌っています(ハイトーンはバック・ボーカリストが担当)。

TOTOのファンだけが集まっているわけではないフェスティバル用のセトリだと思われ、ヒット曲はRasanna、Africa、I Will Be Over Youに限定し、当時はまだ発売されていない「キングダム・オブ・ディザイア」の収録予定曲やジミ・ヘンドリックスの曲、スライ・アンド・ザ・ファミリーストーンの曲も演奏しています。ゴリゴリのハード感があり、当時に一般市民がTOTOに抱いていた「ポップ」「AOL」というイメージを打破する意図があったのだと思います。

On the Runの音源は後にXXにも収録されます。もともとこの曲を「キングダム」に収録しようとしたが、ライヴ演奏での熱気がスタジオではうまく再現できなかったので断念したそうです。

この翌年にジェフが他界してしまったので、彼の生演奏が聴ける数少ない作品です(公式なライヴCDは他になし)。ジェフの顔がふっくらとして、ひげを生やしていたので、パッと目、彼なのかどうかわかりませんでした。

C

Kingdom of desire

自分らが希望するハイトーン専任ボーカリストが雇えないことに業を煮やしたルークが「こうなったら、俺が全部歌ってやる!」と、“全曲入魂”で歌いまくった作品。

アルバム全体を通して、彼の熱いハートが伝わる骨太ハード・ロックが収録されています。しかし、どれも同じようなアレンジで、気が休まるようなバラードもなく、聞いているうちに疲れてきます。

アルバム完成直後、ジェフが薬物中毒による心臓発作で急逝します。

日本盤は2011年DSDリマスターです。

B

Absolutely Live

1992年11月のオランダ公演を収録。ジェフ急逝のために、サイモン・フィリップスがドラムを叩いています。

ハイトーン専任ボーカリストが不在なためか、収録曲の多くはルークが歌う曲です。

ハイトーンボーカルのパートでは複数のゲスト・ボーカリストが歌っています。コーラスワークが冴える箇所があって、曲に新たな魅力を与えていて意外とよいです。

でも、Hold the Lineみたいに全部ゲスト・ボーカルが歌ってしまうと「これって違うよな・・・」と思ってしまいます。

ラストでは、亡きジェフロを偲んで、女性コーラスをバックにルカサーがビートルズのWith a Little Help from My Friendsを熱唱します。これは感動モノ。

B

Jeff Porcaro Tribute Concert 1992

1992年12月14日にロサンゼルスで開催されたジェフの追悼コンサートを収録(3CD)。

TOTOのみならず、ボズ・スキャッグス、ドナルド・フェイゲン、ドン・ヘンリー、マイケル・マクドナルドなどジェフが生前にかかわったアーティストが出演し、彼らの曲を含む3時間を超える豪華なコンサートになっています。

C

Tambu

サイモンを正式メンバーに迎えてレコーディングされた作品。

ロック、ポップ、バラードをバランスよく組み入れ、またゲスト・ボーカルも入れ、前作より聞きやすくなっています。

スピード感のあるDrag Him to the Roofでは久しぶりにデヴィッドがリード・ボーカルを担当し、サビのルークとのコントラストがカッコよいです。

インスト曲Dave's Gone Skiingは、彼らのテクニックが堪能できます。

日本盤は2011年DSDリマスターです。

B

XX

20周年を記念して未発表曲と最新ライブ3曲を収録したもの。

前述の「グレイテスト・ヒッツ」のためにボビーを迎えてレコーディングしたGoing Homeも収録。

曲の収録時期はバラバラですが、このアルバムに収録するにあたり手を加えているために、寄せ集めとは思えない一体感があります。一枚でボビーとジョセフのボーカルが楽しめるというメリットもあります。

意外と「おいしい曲」が収録されていて楽しめます。

日本盤は2011年DSDリマスターです。

C

Mindfields

初代リード・ボーカルのボビーが復活した作品。ルークとの歌い分けで、曲のバリエーションが増え、アルバムに深みがでてきました。

でも、そんなによい曲はありません。

日本盤は2011年DSDリマスターです。

S

All In

宇宙の騎士からマインド・フィールズまでのスタジオアルバムのリマスター盤、未発表曲収録CD、1980年の日本公演を収録したライヴCDをセットにしたボックスセット。

宇宙の騎士とIVのリマスターの音質は、過去最強。ライヴCDも聴きごたえ満点。

詳しくはこちら

これからアルバムをそろえようと思っている人のみならず、アルバムを持っている人にも買い替えをお勧めします。

C

Livefields

1999年のマインド・フィールズ・ツアーの音源を収録。

あえてヒット曲の収録を外したのか、TOTO玄人向けの渋い選曲になっています。

ルーク、サイモン、デヴィッドのソロも収録。TOTOのファンには聴きどころ満載ですが、初心者向けではないです。

?

Though the looking glass

ボブ・マーリーやビートルズなどの名曲をカバーした作品。聞いたことありません。


(DVD)


(DVD)


(Blu-ray)


(Blu-ray)

B

25th Anniversary: live in Amsterdam

2003年のオランダでの公演を収録した作品。

オープニングのGirl Goodbyeなど、原曲とは違うジャズ風アレンジの曲やカバー曲が多いためか、大人の雰囲気があるものの、ノリが悪く、いまいちのめりこめません。

ボビーの声も不安定で、「もはや限界か?」と言いたくなります。

マイクの雄姿が見られる最後のDVDとしては価値があります。

B

Falling in between

家庭の事情でライブ活動ができないデヴィッドの代わりに、キーボードとしてグレッグ・フィリンゲインズが加入。デヴィッドはレコーディングには参加しています。

パワフルなプログレ・ハード・ロックでまとめた作品。オープニングからドラマチック&テクニカルなロックが炸裂します。

ボビー、ルークを始め四人のボーカリストの声がからみあい、スリリングで厚みのあるサウンドが展開されています。お約束のルークの「しんみりバラード」もあり、メリハリのついた大傑作です。

でも、「聖なる剣」や「ザ・セブンス・ワン」あたりが好きな人には向きません。

プログレファンにはイチオシですが、TOTO初心者には重すぎるかも。


(DVD)


(Blu-ray)


(Blu-ray)

A

Falling in between live

2007年3月のパリ公演を収録。

フォーリング・イン・ビトウィーンからのプログレハード曲に加え、定番のヒット曲も収録。

ボビーが全身の筋肉を振り絞って歌い上げるシーンが微笑ましいです。一方のルークは余裕の表情で渋い声を聞かせてくれるし、グレッグも味のある声を出してくれます。演奏OK、ボーカルOK、ハーモニーOK。とっても楽しめるライブです。

でも、デヴィッドがいないのはさみしい・・・。さらにマイクが病気のためにツアーに参加できず、ヒゲおじさんのリーランド・スカラーがベースを弾いています。


(DVD)


(Blu-ray)


(DVD+2CD)


(Blu-ray+2CD)


(DVD)


(Blu-ray)


(DVD+BR+2CD)

A

35th Anniversary Tour Live in Poland

フォーリングのツアー終了後にTOTOは解散するものの、難病の筋萎縮性側索硬化症にかかったマイクを支援するために2010年に再結成。

家庭の問題が解決したデヴィッドがライブ活動を再開、兄貴のためならばとスティーブも復帰、さらには3代目ボーカリストのジョセフも復帰し、現時点で考えられる最強メンバーとなりました。

そのメンバーを擁して開かれた2013年のコンサートの音源を収録したアルバム。

円熟して安定した演奏で序盤はクールに感じましたが、熱気あるルークのギタープレイにしだいにボルテージがアップしてきます。

私が好きな「ハイドラ」からの曲が多いので気に入っています。もうちょっとジョセフ時代の曲があるとさらによかったな。


(紙ジャケット)


(CD+DVD)

B

TOTO XIV

2013年のツアーを行った最強メンバーを擁してレコーディングされたアルバム。ただし、ツアー終了後にサイモンがソロキャリアを追及するために脱退したため、ドラマーはキース・カーロックという若手が叩いています。

数曲オリジナル・メンバーのデヴィッド・ハンゲイトがベースを弾いています。

前半はハード系や勢いのあるロック曲を収録し、後半はAOL系のおちついた曲を収録、最後はイエス的プログレ風の曲で閉幕するという構成。TOTOの多彩さが表現されています。
私的には後半にもっと盛り上がる曲を入れてドカンと一発花火を上げて終わって欲しかったです。詳しくはこちら。

日本盤には、通常盤と紙ジャケット仕様(限定版)があります。

輸入盤ではアルバム作成のドキュメンタリーを収録したDVDとのセットもあります。

-

Greatest Hits: 40 Trips Around the Sun

40周年記念として発売されたベストアルバム。

過去のアルバム収録の名曲のリマスターに加え、新曲Alone、Spanish Sea、Struck By Lightningも収録。

3つの新曲は、前述のボックスセットAll Inにも収録されています。このベストアルバムを聴くと、すべてのアルバムを聴きたくなるのは目に見えているので最初からAll Inを買う方がよいでしょう。


(DVD)


(2CD+DVD)


(2CD+DVD)


(Blu-ray)


(Blu-ray)


(2CD+Blu-ray)


(2CD+Blu-ray)

B

40 Tours Around the Sun

2018年3月17日のオランダ公演を収録。

「40トリップス」に収録されていたAloneでスピーディ&パワフルにオープニング。ルークのギター、デヴィッドとスティーヴのツインキーボードをバックにジョセフがノリノリで歌います。久しぶりに共演することになったレニー・カストロのパーカッションが小気味よいです。

Loves in the Night、Miss Sunなどデヴィッドがリードボーカルをとる曲が多いのは、彼の声が好きな私にはビビビッと来ます。

中盤にある、ルークらが語る昔話を交えながら演奏が進むアコースティックセッションは、演奏はフルコーラスではなく、短いもので1コーラスのみ。陽だまりの縁側でおじいちゃんたちが「あの頃はおもろかったのぉ」と昔を振り返りながら団らんしている感じがして、ほのぼのとしています。

40周年記念のために、LionやDuneというレア曲も演奏し、TOTOの全キャリアを振り返るセトリになっています。







Copyright shig-sak