ストーリー

同じ日、同じ病院で、保険セールスマンのカートライトに双子の息子ナットとピーターが、製薬会社副会長のダヴェンポートに息子フレッチャーが生まれた。しかし、フレッチャーが新生児室で死んでいることを発見した病院の看護婦は、極秘にカートライトの次男とダヴェンポートの子供の遺体を入れ替える。ダヴェンポートはその事実をしらないまま、その子をフレッチャーとして育てる。

成長したフレッチャーは弁護士になるが、旧友の父親の薦めにより、彼の後任としてコネチカット州の上院議員となる。一方、ナットはヴェトナム戦争に参加するなどの波乱万丈の道を経て、銀行家となる。

その後、ナットはコネチカット州知事選に出馬し、共和党候補の座をかけて、学校時代からの宿敵、エリオットと争う。エリオットの卑劣な陰謀もあり、予備選挙は大接戦となるが、TV討論会の後でエリオットが銃殺され、その容疑がナットにかけられる。ナットは自分の弁護士としてフレッチャーに依頼するが、彼は州知事選の民主党候補となっていた。

州知事選のライバルにもかかわらず、フレッチャーは弁護士としての役目を果たし、ナットの無実が証明される。その直後、フレッチャーは交通事故で重傷を負うが、ABマイナスというまれな血液のために輸血ができず、瀕死の状態となる。自分の血液もABマイナスということを知っていたナットは、病院に駆けつけ、無事、フレッチャーの命は救われる。

フレッチャーとナットは、病院の医師から自分達が双子だったということを知らされるが、彼らはライバルとして、コネチカット知事選の争いをすすめる。

 

本を購入する場合は、カバー写真をクリックしてください。
Amazon.co.jpのページにジャンプします。

 

目で見る情報

●コネチカット州

 

●ナットが通った学校

●フレッチャーの母校

ホッチキス校
イェール大学

フレッチャーの母校

 

 





Copyright Shigeru Sakamoto

Last update: 2013.05.02


トップ・ページ