ストーリー

子供の頃から登山の魅力にとりつかれていたジョージ・マロリーは、大学入学後、ヨーロッパ・アルプスの山々を登り経験をつんでいく。そして、彼は、今まで誰も登ったことがないエヴェレストの初登頂に思いを抱く。

第1次世界大戦終結後に組織されたエヴェレスト委員会で登攀隊長に任命された彼は、彼が一流の登山家だと認めたフィンチを連れ、エヴェレストにアタックするが、雪崩に巻き込まれ登頂に失敗する。

イギリスに帰国した彼は、愛する妻のルースと子供たちとの平穏な日々を過ごしたいと考え、いったんはエヴェレスト登山をやめることを決意する。しかし、ルースは、彼の心の奥底にエヴェレストへの思いが燃えたぎっていることを見抜き、夫に思いを果たせてあげたいと考え、自分の気持ちを押し殺し、マロリーにエヴェレスト登山に再挑戦するよう進言する。

マロリーは、ルースに登頂の記念として山頂に彼女の写真を置いてくると約束し、エヴェレストに向かう。

 

本を購入する場合は、カバー写真をクリックしてください。
Amazon.co.jpのページにジャンプします。

 

目で見る情報

●マロリーが登った山
ベン・ネヴィス

スコットランド最高峰

グラン・サン・ベルナール峠
グラン・コンバン
モン・ヴェラン
モンテ・ローザ
ペン-イ-パス

ケンブリッジ山岳クラブの入会選抜試験が開かれる。

モン・ブラン
モン・ブランとモン・モウディ
マッターホルン
エヴェレスト

 

●マロリーの仲間たち
ルースとジョージ・マロリー
ジョージ・フィンチ
サンディー・アーヴィン
ノエル・オデール
ハワード・ソマーヴェル

 

●作品の舞台

ムーラン・ルージュ
エッフェル塔

マロリーが登る。

ヴェネチアのバシリカ

マロリーが登る。

 





Copyright Shigeru Sakamoto

Last update: 2013.05.02


トップ・ページ