ストーリー

船で知り合ったトム・ブラッドショーの名前を借りてアメリカに入国したハリー・クリフトンは、即座に逮捕される。ブラッドショーは兄弟殺しで指名手配されていたのだった。彼は禁固6年の刑を言い渡され、ニューヨーク州北部の刑務所に収監される。刑務所で副図書係になった彼は囚人のロイドに頼まれ、自分の日記を渡す。

ハリーが生きていると信じていたエマは、彼の行方を追って、アメリカに向かう。彼女はハリーが乗っていた船の看護師に会い、彼がブラッドショーという偽名で入国し、収監されていることを知る。また、彼女はロイドがハリーの日記を自分の執筆だと偽って出版し、ベストセラーになっていることを知り、出版権を取り戻そうとするが、ロイドと結託した弁護士が立ちふさがる。

第二次世界大戦が勃発し、ハリーは出所してアメリカ兵としてドイツ戦線に送られる。彼はドイツ軍部隊をたった2名で降伏させるという活躍を見せるが、直後に地雷を踏んでしまう。

イギリスに戻った彼を待っていたのは、バリントン家の相続問題だった。ハリーとジャイルズのどちらかがバリントンの資産を相続るするかを、貴族院で討議することが決定される。

 

 

本を購入する場合は、カバー写真をクリックしてください。
Amazon.co.jpのページにジャンプします。

 

目で見る情報

●ジャイルズが辿った道

A: ダートムア イープル兵舎がある
B: アレキサンドリア イギリスを出発後に到着
C: トブルク ドイツ軍と戦闘
D: ヴァインスベルク
 捕虜として収容される
E: チューリッヒ 脱獄してだどり着く

 

●ウォルターの逃亡

A: ブリストル
B: スウォンジー コークに向けて出港
C: コーク
D: フィッシュガード 
逮捕後に船が向かう

 

 

 

 





Copyright Shigeru Sakamoto

Last update: 2013.10.19


トップ・ページ