shig-sakの
オリジナル小説









Windowsに付属しているMedia Playerでも再生はできますが、音質はイマイチなので、フリーソフトのFoobar 2000を使いましょう。




Step 1: インストールしよう
1. http://www.foobar2000.org/downloadからソフトをダウンロード。


2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールされます。詳しい手順は、こちらをご覧ください。


Step 2: 日本語化しよう
もともとFoobar 2000は英語標記ですが、日本語化できます。
ただし、全面的に日本語になるわけではありません。「英語のままでいい」という人はこのStepを省いてもよいです。
手順は、こちらをご覧ください。

Step 3: アップルロスレスを再生できるようにしよう
Foobar2000をインストールしただけでは、高音質規格のアップルロスレスが再生できません。コンポーネントと呼ばれるプログラムをインストールしましょう。

1. http://www.foobar2000.org/componentsを開く。
2. ALAC Decorderのリンクをクリックして、ファイルをダウンロード。


3. ダウンロードされた「foo_input_alac.zip」を解凍すると、「foo_input_alac.dll」が出現します。これを、cドライブ→Program Files→Foobar2000→Componentsフォルダにコピペします。



Step 4: さらに高音質化しよう
Foobar2000で再生された信号は、windowsに入っているカーネルミキサーというプログラムを通ってUSBに出力されます。このミキサーを通らないようにすることで音質がアップします。手順はOSによって異なります。

●Vista(SP1以降)、7
1. http://www.foobar2000.org/componentsを開く。
2. WASAPI output supportのリンクをクリックして、ファイルをダウンロード。


3. ダウンロードされた「foo_out_wasapi.zip」を解凍すると、「foo_out_wasapi.dll」が出現します。これを、cドライブ→Program Files→Foobar2000→Componentsフォルダにコピペ。


4. パソコンにDACやDDCを接続し、Foobar2000を起動させ、File→Preferencesをクリック。
5. Preferences画面で、Playback→Outputをクリックし、出力デバイス(Device)で「WASAPI: なんとか(DACやDDC名が書かれている)」を選び、出力の形式(Output format)でDACやDDCに合ったbit数を選択し、OKをクリック。


●XP
1. http://www.asio4all.com/を開き、ASIO4ALL 2.10 - Englishをクリックして、ファイルをダウンロード。


2. ダウンロードされた「ASIO4ALL_2_10_English.exe」をクリックして、ASIO4ALLをインストールする。
3. http://www.foobar2000.org/componentsを開く。
4. ASIO supportのリンクをクリックして、ファイルをダウンロード。


5. ダウンロードされた「foo_out_asio.zip」を解凍すると、「foo_out_asio.dll」が出現します。これを、cドライブ→Program Files→Foobar2000→Componentsフォルダにコピペ。


6. パソコンにDACやDDCを接続し、Foobar2000を起動させ、File→Preferencesをクリック。
7. Preferences画面で、Playback→Outputをクリックし、出力デバイス(Device)で「ASIO: ASIO4ALL v2」を選び、OKをクリック。


8. OutputのASIO Virtual Devicesをクリックし、右側の画面で「ASIO4ALL v2」を反転させて、Editをクリック。


9. Configureをクリックして表示された画面から「USBオーディオデバイス」の左にあるアイコンを明るく表示させて、OKをクリック。





Copyright: shig-sak