1980年に公開された映画版「タイタニックを引き揚げろ(監督:ジェリー・ジェームソン)」。

カッスラーはこの映画にはかなり不服をもったとのことで、この映画以降、2005年の「サハラ」までピット作品の映画化は拒否することになりました。確かに一部原作と異なる点がありますが、映画としてはよくできた作品だと思います。

このページは古本屋で入手した映画パンフレットと、数年前にビデオでみた時の記憶を元に作りました。



ダーク・ピット
(リチャード・ジョーダン)

ジェームズ・サンデッカー
(ジェーソン・ロバーズ)

ジーン・シーグラム
(デヴィッド・セルビー)

ダナー・アーチボルド
(原作ではダナ・シーグラム)
(アン・アーチャー)

ジョン・ビガロー
(アレック・ギネス)

 

アン・アーチャーは、トム・クランシー原作の映画、「パトリオット・ゲーム」でキャシー・ライアン役をしました。
アレックス・ギネスは、「スター・ウォーズ episode 4-6」でオビワン・ケノービを演じました。



ストーリーはほぼ原作とおりですが、人間関係面で若干異なります。

*ピットがNUMA所属ではない。

原作ではピットは「NUMA所属の空軍少佐」ですが、映画では「元海軍大佐で、フリーのエージェント」となっています。一番の違いは、映画のピットは生真面目でユーモアのかけらも感じられないことでしょう(笑)。

*ダナ・シーグラムが、「ダナ・アーチボルド」という役に代わっている。

原作では、ダナとジーンは夫婦でしたが、映画では彼女は、ピットの元恋人で、ジーンの現恋人となっています。原作にあったジーンとの夫婦関係のトラブルも映画では描かれていません。

*プレフロフの拉致&亡命作戦が描かれていない。

プロフレフはソ連情報将校として登場し、引き揚げ後のタイタニックにヘリコプターで乗り込み、引渡しを要求しますが、アメリカの潜水艦が姿を見せると、びびってしまい、すごすごと逃げ去ってしまいました。
原作で描かれていた「タイタニック引き揚げ作戦」のもうひとつの目的、プレブロフを拉致し、亡命させるという作戦は描かれていません。もちろん、特殊部隊との戦闘シーンもありません。
マーガニンも登場しますが、副官に徹しています。

*ジョルディーノの陰が薄い(出ていないに等しい)。

一応、ジョルディーノ役で、M Emmet Walshという俳優がクレジットされていますが、単なる海洋技師に過ぎず、ピットやサンデッカーとのやりあいもありません。まあ、ストーリー的には必要性は薄いかもしれませんが・・・。



パンフレットに載っていた写真です。ビデオの入手が困難な今、貴重な映像ばかりです。
写真をクリックすると、大きな画像がみることができます。

rt_big_tit.jpg rt_navy.jpg rt_pitt_big.jpg
rt_pitt_comm.jpg rt_pitt_conf.jpg rt_pitt_sea.jpg
rt_pitt_ice.jpg rt_pitt_jim_sea.jpg rt_pitt_jim2.jpg
rt_pitt_sub.jpg rt_sub.jpg rt_sub2.jpg
rt_sea_dan.jpg rt_sub3.jpg rt_southb.jpg
rt_sea2.jpg rt_tit.jpg rt_sub4.jpg




Copyright: shig-sak