アメリカの最新鋭原子力潜水艦スターバック号がハワイ沖で行方不明となった。ハワイの海岸でスターバック号の緊急連絡カプセルを回収したピットは、アメリカ海軍からスターバック号捜索の要請を受ける。

ピットの協力のもと、アメリカ海軍救難船隊は、多くの船が行方不明となっている「太平洋の渦」と呼ばれる海域でスターバック号を発見するが、その直後、謎の部隊に襲われる。

間一髪で脱出したピットは、断片的な情報から、過去に行方不明となった科学者たちが「太平洋の渦」の中心にある海山に秘密基地を作り、船舶を襲撃していると推測し、アメリカ軍特殊部隊を率い、再度、スターバック号の回収に向かう。

秘密基地への入り口を発見したピットとジョルディーノは、秘密をあばくために海山の中に乗り込む。



画像をクリックすると本を購入できます。



●ハワイ・オアフ島

A: カフク岬
この岬の北1072キロの地点でスターバック号が海底の隆起を発見。

B: カエナ岬
ピットがスターバック号の通信用カプセルを回収。

C: パールハーバー
アメリカ海軍基地がある。

D: ホノルル



●「太平洋の渦」

A: 北緯32度43分15秒、西経161度18分22秒
通信用カプセルの中の日誌に記載されたスターバック号の沈没位置。

B: 北緯32度10分、西経151度17分
マーサ・アン号が海底の隆起を発見。この東側の海域に「太平洋の渦」が存在する。



ACフォード・コブラ

ピットが運転。

プルメリア

この花の香りをサマーが身に付けている。

モーゼル・シュネル・フォイヤー・ピストーレ

博物館に向かうときにピットが携帯。

ダグラスC-54

ピットらがデルフィの海山の襲撃へ向かう。

コルト44口径

デルフィがピットを撃とうとする。



カエナ岬

ピットが潜水艦の通信カプセルを回収する。

バーニス・パウアイ・ビショップ・ポリネシア民族学・博物学館

「太平洋の渦」の調査のためにピットが訪問する。



何故、ピット・シリーズの第1作目であるこの作品が、「マンハッタン特急」が出るまで出版されなかったのですか。それほど見劣りする作品ではないと思いますが・・・。

空軍少佐のピットがNUMAに参加するきっかけとなった南シナ海での事件とは。(108ページ)





Copyright: shig-sak