D

Caravan

古臭いサイケデリック・ロックです。たまに、全盛期をうかがわせるオルガンソロが入ります。

キャラヴァンの信者になって、「どのようなサウンドでも受け入れる」という心境になってから買いましょう。

B

If I Could Do It All Over Again, I'd Do It All Over You

デイヴ・シンクレアが弾く歪んだオルガンのサウンドが鳴り響き、よく動くベースラインと絡み合うというところが心地よい作品。その一方、歌メロはないに等しく、存在感がないです。

ボーカルはどっちかというとリチャード・シンクレアよりもパイ・ヘイスティングスが目立ち、もわっとした彼の声質のために曲がソフトな感じを受けます。

まず「グレイとピンクの地」を聴いてみて、そのサウンドが好みだと思ったら聴いてみましょう。


(プラチナSHM)


(SHM-SACD)


(2CD+DVD)

A

In the Land of Grey and Pink

1曲目のGolf Girlを始め、前半はほのぼのとしたボーカル曲が続きます。「プログレの名盤」、「ジャズ・ロック」として雑誌に紹介されていたので、聴く前は「テクニックの応酬が展開されている」と予想していただけに拍子抜けします。
しかし、聴いていくうちにそのほのぼのさと歪んだオルガンの音が心地よくなっていきます。

ラストの20分曲「9フィートのアンダーグラウンド」は、歪んだオルガンが鳴りまくる組曲です。これをジャズ・ロックと表現するのだな、と納得。

はっきりとした声質のリチャードがボーカルをとる曲がほとんどなので、前作よりも生き生きとしている感じがします。

40周年記念盤として、ボーナスCDとスティーブン・ウィルソンによるリミックス(ステレオ、5.1ch)を収録したDVDをセットにしたものが発売されています。

日本盤では、特殊反射層を用いたCDのプラチナCD(普通のプレーヤーで再生可能)があります。また、SACDも発売されています(SACDプレーヤーが必要)。

A

Waterloo Lily

デイヴが新たな道を歩むために旧友のロバート・ワイアットとマッチング・モウルを結成するために脱退。後任にスティーヴ・ミラーが参加。

オルガンサウンドは影を薄め、その代わりに華麗なエレピが前面に出てきました。リチャードの自由奔放なベースラインと相まって、極上のジャズ・ロックが展開されています。2つの10分超え作品のかっこよさにはしびれます。特に「The Love In Your Eyes」の起伏に飛んだ展開と、ホーンセクションをバックにした激しいフルートのソロにはほれぼれします。

ツアーの終了後、ジャズ路線を主張するリチャード&スティーヴと従来路線を主張する他のメンバーとの意見対立の末、リチャードとスティーヴが脱退してハットフィールド・アンド・ザ・ノースを結成。


(プラチナSHM)


(SHM-SACD)

A

For Girls Who Grow Plump in the Night

パイの声掛けに応じ、キーボードにはデイヴが復活。ベースにジョン・G・ペリーが加入。ジャズっぽさが薄れてロック色が強くなるとともに、ビオラ奏者のジェフリー・リチャードソンの加入やオーケストラ導入でシンフォニックさがアップ。

ビオラの音にはっとさせられることしばしば。シンフォニックなサウンドが好みの私には、しっくりくるサウンドが展開されています。

日本盤では、特殊反射層を用いたCDのプラチナCD(普通のプレーヤーで再生可能)があります。また、SACDも発売されています(SACDプレーヤーが必要)。

B

Caravan and the New Symphonia

1973年10月のイギリス公演を収録。前半はバンドのみで「夜ごと」から3曲演奏し、後半はオーケストラ&女性コーラス入りで演奏。

後半には過去の作品から10分超えの曲3つと新曲が3つ演奏されています。オーケストラの厚みと女性コーラスの華やかさが曲に趣を与えています。

でも、「厚化粧」という感じがして、初心者にはまずは「すっぴん」サウンドを聴いてもらいたいです。

S

Live at the Fairfield Halls

1974年9月のイギリス公演を収録。「夜ごと」の曲をメインに、バンドのみの「すっぴん」演奏。

ジョンに代わって新加入したばかりのベーシスト、マイク・ウェッジウッドがやる気マンマンのプレイを奏でています。ジェフリーの自由奔放なヴィオラ演奏に思わず口元がほころびます。「The Love In Your Eyes」のオルガン&ビオラ用のアレンジは、オリジナルとは違った趣があってよいです。

ドラムの音がパワフルに収録されていて、「キャラヴァンのサウンドは柔らかい」という印象をくつがえらされる、興奮度満点の演奏が披露されています。

B

Cunning Stunts

前半は爽やかなポップな曲が続きます。ありきたりの曲のような感じがして、「夜ごと…」のプログレ的展開を期待して聴いていると、肩すかしをくらいます。

後半の「ロッキン・コンチェルト」は、起伏に飛んだ18分組曲で、前半の欲求不満を解消してくれます。フルートやシンセサイザーのからみが心地よいです。

アルバムの完成後、デイヴが再び脱退。

C

Blind Dog at St. Dunstans

キーボードにヤン・シェルハースが加入。

プログレさはなく、ポップな曲が多数収録されています。

とは言え、「路線が変わった」というものではなく、これまでのプログレ・アルバムに収録されていたポップな曲と同じ雰囲気があり、そんなに違和感はありません。

?

Better by Far

聴いていません。

?

The Album

デイヴが再び復帰。

聴いていません。

?

Back to Front

リチャードまでも復帰して、オリジナル・メンバーに戻って作成した作品。

聴いていません。

1982年に解散し、1990年に再結成しましたが、その後のアルバムは省略します。






Copyright shig-sak