A

The Music That Died Alone (2003年)

イギリスのバンド"Parallel or 90 Degrees"のAndy TillisonがThe Flower Kingsのメンバーをゲストに向かえて作成していた作品が、プロジェクト・バンドの作品としてリリースされたもの。

ギター&ボーカルはTFKのRoine Stolt。ドラムとベースもTFKのメンバーがやっていますが、サウンドはTFKとは全く異なります。

キーボードを主体にした、クールでフュージョンぽいプログレサウンドが展開されています。

他のプログレバンドとは一風変わったクールミントガムのような爽快な感じがします。

A

The World That We Drive Through (2004年)

前作のクールなフュージョンぽさは影を薄め、若干ヘビーになりました。

70年代Yes、ELPぽいキーボードに、時折、Jethro Tul的なフルートが混じり、正統派プログレ・サウンドとも言えます。めくるめく音の展開は、往年プログレ・ファンも満足いくでしょう。

A

A Place in the Queue(2006年)

Stoltが参加しなかったことでギターの存在が薄れ、Tillisonのキーボードが前面に出てきました。

20分超の大作2曲に小作品5曲がサンドイッチされた構成です。1曲目のIn Earnestは強と弱、静と動のコントラストが見事なシンフォニック大作。後半の静寂の中でフルートが響くところは絶品です。

小作品の中にはサックス炸裂のジャズロック曲、ポップ調の曲、スピーディーなロック曲などがありバラエティーに富んでいます。


(Special Ed)

B

Not As Good As the Book(2008年)

短めの曲を収録したCDと20分超の大作を2曲収録したCDのセット。ギターにJakko Jakszykを迎えています。

1曲目のA Crisis in Mild Lifeはこれまでのシンフォニックさとは印象が全く異なるハード目のロック曲。キーボードの鳴らし方がカッコよいです。

全体的にロック色が強く、ボーカルが占める割合が増えています。前作まで独特の雰囲気を出していたTheo Travisのフルートの影が薄く、哀愁さがさほど感じられません。

聴きやすくて私は気に入っていますが、本来のザ・タンジェントのサウンドとは違う印象があるので、前3作をまず聴いてください。

スペシャル・エディションには小説がついています。

C

Down and Out in Paris and London(2009年)

The Flower Kings系列のメンバーが全員抜けて、全イギリス人でレコーディングされた作品。

3作目までにあったシンフォニックサウンドとジャズロックのフュージョンが戻ってきました。

「ああ、タンジェントのサウンドだな・・・」というくらいの印象で、特段惹かれる曲はないです。

B

COMM(2011年)

20分曲と16分曲で短めの3曲をサンドイッチした構成になっています。

オープニングのThe Wiki Manはいつもながらのシンフォニックサウンドが展開されます。「お決まりのパターンか…」と思っていたところで23歳の新加入ギタリストのルーク・マシン君が弾く爽快なギターにハッとさせられ新鮮味を感じます。

3曲目のShoot Them Downは前作から加入したベーシストのバレットさんの作品です。これまでになかったしっとりとした「普通」のバラードで、キーボード攻撃での疲れを癒せます。

ラストのTitanic Calls Carpathiaは波の音をバックに管楽器が幻想的な世界を描くところからスタートします。じわじわっと音数が増してジャズロックに班化します。「ここからグッとシンフォニックに盛り上がるか!」という手前であっけなく終わり物足りなさがあります。

B

Le Sacre Du Travail (2013年)

ベースにヨナス・レインゴールドが復活し、ドラムにポーキュパイン・ツリーのギャヴィン・ハリソンを迎え、リズム隊の強化が図られた作品。

アルバムのタイトルは近代音楽の名作「春の祭典(Le Sacre du Printemps)」をもじったものだそうです。

曲も前作までの壮大なシンフォニック・プログレとは異なり、近代音楽風に断片的な曲がつなぎ合わさって構成されたという感じです。

難解さがあり、ザ・タンジェントを聴きこんだ方が「口直しに、一風変わったサウンドを聴くのもいいな」という気持ちで聴く分にはよいですが、初心者には向きません。

A

A Spark in the Aether (2015年)

ドラムはモルガン・オーギュレンに交代(誰?)。

ルークのギターの存在感が増し、ハードプログレ風の味付けになりました。ヨナスの歌うベースも心地よい。

スピード感、軽快感があり、とても聴きやすいです。

A

The Slow Rust of Forgotten (2017年)

世界各地の紛争での難民の窮状をテーマにした作品。

12分曲、22分曲、16分曲、17分曲という大作づくしで、5曲で79分。

フージョン調、パンク風、エレクトロニック・ダンス、ラップなどの要素を取り入れています。

ルークの爽快なギター、ヨナスのよく動くベースが緊張感を高め、たまに入る新加入の女性ボーカル、マリー・イヴ・ド・ゴルチエの声が隠し味風に華を添えています。







Copyright shig-sak