ジャック・ライアン・シリーズでは、舞台の年代は明記されていません。
しかし、断片的な情報や4年に一度大統領選挙が行われることから考えると、以下のようなものになります。

小説内でも年代的矛盾がありますので、どこまで正確かはわかりません。フィクションなので仕方ないでしょう・・・。

 

 

内    容

該当作品名

1922

 

ジャック・ライアンの父生まれる。

 

1940

7月

フィリトフがエレーナと結婚。

1956

 

フィリトフの長男死去。

1959

 

フィリトフの次男死去。

1960

2or7月

エレーナ・フィリトフ死去。

1962

8月

オレグ・ペンコフスキーがKGBに逮捕される(史実)。
フィリトフがCIAのスパイとなる。

1985

8月

ライアン、CIAのコンサルタントとしてレポートをまとめる。

11月頃 ライアン、テロリストのイギリス皇太子夫妻襲撃を阻止(ライアン31歳)。 愛国者のゲーム

1986

1or2月

キャシーとサリーがテロリストに襲われる。

7月30日

イギリス皇太子、ライアン家を訪問中にテロリストに襲われる。

8月

ライアン、CIAの常勤となる。

1987

*

ライアン、ロンドンに転勤。

 

1988

12月

レッド・オクトーバー亡命事件発生。

レッド・オクトーバーを追え

1989

12月

アメリカ海軍がレッド・オクトーバーの調査を終了。

クレムリンの枢機卿

1990

1月

軍縮交渉でライアンとゴロフコが出会う。(ライアン35歳)

*  KGB議長ゲラシモフがアメリカに亡命。

1992

6月

ショーボート作戦などの一連の対麻薬カルテル作戦が決行される。

いま、そこにある危機
11月

大統領選挙でファウラーが勝利する。

恐怖の総和

1993

1月

ファウラー政権発足。ライアン、CIA情報担当副長官となる。

1994

8月

ヴァチカン条約締結。

1995

1月

スーパー・ボウルで核爆弾爆発。
ライアン、CIAを辞任。ダーリング、大統領就任。

   

年代の調整

 
1999年 10月 ライアン、ダーリング大統領の国家安全保障問題担当補佐官になる。 日米開戦
2000年 1月13日 アメリカとロシアが最後の核ミサイルを廃棄する。
日本・自衛隊がアメリカとの合同演習の際に、アメリカ艦隊を攻撃。
* 日米戦争勃発。アメリカの勝利で終わる。
2月 JAL旅客機がアメリカ国会議事堂に衝突。ダーリング大統領が死亡し、ライアンが大統領に就任する。 合衆国崩壊
3月 イスラム連合共和国が誕生。
* ライアンの末娘がテロリストに襲撃される。
アメリカでエボラ・ウィルス・テロ事件発生。
第二次湾岸戦争勃発。アメリカの勝利で終わる。
NATO対テロ組織、レインボーが結成される。 レインボー・シックス
11月 ライアン、大統領選挙で再選される。 大戦勃発
晩秋 モスクワで、セルゲイ・ゴロフコ暗殺未遂事件が起こる。
2001年 シヴァ・ウィルスが開発される。
シドニー・オリンピックでバイオテロ未遂事件発生。
レインボー・シックス
5月? (1巻:p155-170のシーン) 大戦勃発
* 中国の武装警官にバチカン市国大使が殺される。
中露戦争が勃発。ロシアの勝利で終わる。

 

上記の年代を推定した根拠

●クレムリンの枢機卿

「レッド・オクトーバー」ではフィリトフの次男が1959年に死去したとの記述があります。「枢機卿」では、フィリトフの妻が「次男の死去の次の7月」に死去し(ただし、フィリトフは2月と回想しており、不一致がある)、それが「枢機卿」の舞台の30年前との記述があります。「次の7月(原文では"following July")」は次男死去の翌年と考え、「枢機卿」の年代を1990年と推定しました。この年代より、計算を始めました。

●レッド・オクトーバーを追え

「枢機卿」のプロローグでのライアンとラミウスの会話より、亡命事件から1年が経過しているため、1989年と推定しました。

●愛国者のゲーム

皇太子襲撃をライアンが阻止した時、ライアンは31歳であり、また、「枢機卿」には当時ライアンが35歳との記述があることより、1985年と推定しました。

●いま、そこにある危機

「ライアンがグリーアに出会ってから7年、CIAに入ってから6年」との記述があり、また、現実の世界で大統領選挙が1992年に行われることを考え、1992年が舞台と推定しました。また、下巻63ページには「6月」との記載があります。

●恐怖の総和

ファウラーが大統領選挙で勝ってから2年たったとの記載があるため、1994年が舞台と推定しました。
なお、キャシーが「ジャック坊やが7歳、サリーが10歳」と言っている場面があります。「愛国者のゲーム」の際、サリーは3歳で、ジャック・ジュニアは生まれたばかりですので、これから計算すると1993年が該当しますが、今回はこれは無視しました。

●日米開戦

ライアンがCIA辞任後2年半後に国家安全保障担当補佐官になったとの記述、さらには当時、シャベスが31歳との記述があることより、1997年にジャックが補佐官になり、日米戦争は1988年の起こったと計算するのが妥当です。

★年代の調整

しかし、日米開戦・下巻では、日米戦争の年に大統領選挙がある、との記載があります。現実の世界では大統領選挙は1996年、2000年に行われたため、ここ上記の推定と不一致が生じます。年表では「2000年に大統領選挙が行われた」とした上で、「日米開戦」以降の年代を調整し、「日米戦争が2000年に起こった」と設定しました。

●合衆国崩壊

前作からの続きですので、2000年が舞台としました。

●レインボー・シックス

シバ・ウィルスを作っている場面で「前年の大きな脅威」との記載があるため、2001年が舞台と推定されます。

しかし、以下のように「大戦勃発」が2000〜2001年が舞台と推定され、この時点ではIRA過激派によるヘリフォード病院の襲撃が終わっていることより、レインボー結成は2000年秋とするのが妥当です。

なお、シドニーオリンピックは、現実の世界では2000年9月に開催されましたが、これでは「冷房が必要なほどの暑さ」という舞台設定にあいません。小説上は、2001年の冬と考える方が妥当です。

●大戦勃発

この作品は、日付に矛盾があります。1巻:167ページで「JAL旅客機突入事件から15ヶ月」という記述があり、これから計算すると、このシーンは5月になります。しかし、ゴロフコの暗殺未遂事件は「晩秋」となっており、これが、3巻57ページでは「三週間ほど前」と記載があります。どう考えてもつじつまが合いません。

 

ソ連国防相について

「レッド・オクトーバー」に出てくるウスチノフ国防相、「枢機卿」に出てくるヤゾフ国防相、名前だけ出てくるソコロフ国防相はいずれも実在の人物です。
彼らの任期は、それぞれ
 ウスチノフ:1976年4月〜1984年12月
 ソコロフ:1984年12月〜1987年5月
 ヤゾフ:1987年5月〜1991年8月
です。
フィリトフは、「レッド・オクトーバー」の時はウスチノフの補佐官であり、その2年後が舞台の「枢機卿」の時はヤゾフの補佐官となっています。従って、実際の国防相の任期と一致しません。

まあ、小説の中の話ですので、同一名のフィクション人物と考えれば、不一致でもいいのかも。

 


Last Update  2013.05.02       Copyright 2000-2003 Shigeru Sakamoto